膝に黒ずみが出来てしまう原因


膝が黒くなっていて洗っても落ちない場合は汚れではなくて黒ずみが出来てしまっています。特に女性の場合はスカートを履くので膝の露出も多くなってきます。そのため膝が黒ずんでいると周囲に悪い印象を与えてしまうので黒ずみが出来てしまう原因をしっかり確認しておきましょう。

膝に黒ずみが出来てしまう原因としてまず挙げられるのが日常的に膝を突いてしまう事でしょう。起き上がる時や立て膝をする時など日常生活の中で膝を突くという動作はよくあるものです。しかし日常的に膝を突いていると角層が分厚くなってしまします。角層が分厚くなってしまうと皮膚が固くなったりするので黒ずみが出来やすくなってしまいます。

普段着ている服によっては膝に刺激を与えてしまう事があります。最近ではスキニーなどピッチリしたズボンが流行となっていますが、ピッチリしたズボンを履いていると膝とズボンの間で摩擦が起こってしまいます。摩擦が起こってしまうと刺激を与えてしまうため黒ずみが出来てしまう原因となってしまいます。またスボンの素材でも摩擦が起こってしまう可能性があります。特に化学繊維が含まれた素材のズボンは摩擦が起こりやすいので注意が必要です。

膝は他の部位に比べて薄くて汗腺も少ないので乾燥しやすい部位でもあります。乾燥してしまうと皮膚のバリア機能が低下して膝に刺激を与えやすくなってしまいます。そのため黒ずみが出来る原因となってしまい酷くなってしまうと治りにくくなってしまいます。