痛い顎ニキビと、私の対策法


痛い顎ニキビと、私の対策法
私は、乾燥肌なのに頻繁にニキビができることにとても悩んでいます。
もともと、とても敏感肌で肌トラブルには悩まされてきました。
ある日、顎の下にニキビができ、それも1つではなく何個かできていてとても痛い思いをしていました。
それを見た友達に、布団やタオルなど身の回りの物をきれいにするだけで、ニキビが改善されることもあるということを聞きました。
その友達も、毎日枕に清潔なタオルを敷いて寝ていると言っていたので、ダメ元で試してみることにしました。
数日間続けてみると、少しだけニキビが減ったような気がしました。
なので、次に私がとった行動は、掛け布団の顎にあたる部分にタオルを巻いて寝るということです。
バスタオルなどの大きなタオルを、布団の端っこに挟むという感じです。
すると、今まで頻繁にできていた顎ニキビが、目に見えるように減っていきました。
布団などは、元々清潔に保つように心がけていましたが、毎日洗って干すと言う事はなかなか難しいものです。
しかし、タオルであれば毎日取り替える事は容易だと思います。高い化粧水を使って改善をしていくことも必要だし、大切なことかもしれませんが、身の回りのちょっとしたことから改善されていけば、お金もかからず気軽に取り組めると思います。
何より、そんなちょっとしたことから肌がきれいになれば自分のモチベーションも上がります!
これからは乾燥の季節に突入します。
フェイスラインに、洗顔での泡が残らないように気をつけたり、布団にバスタオルを巻いて寝ることを続けてみたり、しっかり保湿をしたりして厄介な顎ニキビを撃退していきたいと思います!

膝に黒ずみが出来てしまう原因


膝が黒くなっていて洗っても落ちない場合は汚れではなくて黒ずみが出来てしまっています。特に女性の場合はスカートを履くので膝の露出も多くなってきます。そのため膝が黒ずんでいると周囲に悪い印象を与えてしまうので黒ずみが出来てしまう原因をしっかり確認しておきましょう。

膝に黒ずみが出来てしまう原因としてまず挙げられるのが日常的に膝を突いてしまう事でしょう。起き上がる時や立て膝をする時など日常生活の中で膝を突くという動作はよくあるものです。しかし日常的に膝を突いていると角層が分厚くなってしまします。角層が分厚くなってしまうと皮膚が固くなったりするので黒ずみが出来やすくなってしまいます。

普段着ている服によっては膝に刺激を与えてしまう事があります。最近ではスキニーなどピッチリしたズボンが流行となっていますが、ピッチリしたズボンを履いていると膝とズボンの間で摩擦が起こってしまいます。摩擦が起こってしまうと刺激を与えてしまうため黒ずみが出来てしまう原因となってしまいます。またスボンの素材でも摩擦が起こってしまう可能性があります。特に化学繊維が含まれた素材のズボンは摩擦が起こりやすいので注意が必要です。

膝は他の部位に比べて薄くて汗腺も少ないので乾燥しやすい部位でもあります。乾燥してしまうと皮膚のバリア機能が低下して膝に刺激を与えやすくなってしまいます。そのため黒ずみが出来る原因となってしまい酷くなってしまうと治りにくくなってしまいます。